雑記+ブックレビュー

書評というほどのものはありません。読んだ本に絡めて、日々思うことなどを書いていこうと思います。

ゲーマーズ!

生徒会の一存シリーズ」の葵せきなの作品です。
すでに完結していると思ってシリーズを全巻購入したのですが、まだ完結していなかったのは大失敗でした。
今後、完結後にまた追記します。

本来は地味で友達のほとんどいない男子高校生が、あるきっかけで複数の女子生徒から好意を持たれるようになるというよくあるラブコメです。
男友達とその彼女、そして友人女子の妹も交えた複雑な人間関係が、勘違いの連鎖でさらに混乱していきます。
最も驚異的なのは主人公の地味男子高校生の、異常なほどの善良さです。
他人が困っているとあれば何をおいても駆けつけ、友人が馬鹿にされたら前後の見境なく怒り出し、他人の幸せを心から願う。
現実では絶対にあり得ないような人がらです。

さすがにちょっと都合が良すぎて、読んでいて少し勢いがそがれることが多かったです。
最後まで読むと印象が変わるのかもしれません。
今般アニメ化されるそうですが、挿絵に描かれた登場人物の姿が私には男性と女性という以外は全く見わけがつきませんでした。
唯一の判断ポイントは髪の色くらいでしょうか。
あだち充作品でもアニメ化しているので、そのあたりは問題ないのでしょうが…。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/16(土) 21:45:43|
  2. ★★★
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mietzsche.blog.fc2.com/tb.php/880-03072fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad