雑記+ブックレビュー

書評というほどのものはありません。読んだ本に絡めて、日々思うことなどを書いていこうと思います。

吾輩は猫である

前回読んだのは2013年ですが、この時のメモを見てみると読むのに苦労したようでした。
今回読んだバージョンは注が非常に充実していたせいか、それほど読みづらいとは感じませんでした。
ところどころ挿入されるオチのないひどい小話に対する耐性がついたのかもしれません。

改めて読むと、主人公の苦沙弥先生のとんでもないウザさが印象的でした。
冒頭のあたり、奥さんがお出かけに連れていってほしいとお願いしたのに対し、(ほぼ確実に)仮病を言い訳にしてそれを断った話は強烈です。
しかもそれを得意げに友人に話すというのは、そのウザさを全く自覚できていないということでもあり、これがまたさらにひどいです。
また、元ネタを知らないことが明白な人に対して理解できないジョークを飛ばすシーンもひどいです。

苦沙弥先生の邸宅である「臥竜窟」での無為な時間は一見するといつまでも続くように見えますが、思いのほかもろいような気もします。
主要メンバーの一人である寒月さんは最後に結婚しました。
それ以外のメンバーもいつどのような形で生活サイクルが変わるかもわかりません。
藤子不二雄や赤塚不二夫の「トキワ荘」や椎名誠の「克美荘」も、その最盛期には人を引き付ける「場」の力に満ちていましたが、いつかはその「場」も衰退して青春の思い出となります。
同じように、このメンバーたちもそのうち解散してしまうように見えます。
そう考えてみると、この「吾輩は猫である」もおっさんの遅れてきた青春小説なのかもしれないとも思えるし、最後に猫が亡くなる直前にみんなが帰って「寄席がはねたあとのように」寂しくなった座敷は、青春の「場」の名残のようだなと思います。

登場人物たちの話を真面目に読む(聞く)ことをあきらめると、とたんに読みやすくなるように思います。
深く読もうとするといくらでも深く読めるのでしょうが、私のような一般の読者は「それなり」で十分なのかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/23(日) 23:36:37|
  2. ★★★★
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mietzsche.blog.fc2.com/tb.php/868-9d188266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad